小児歯科|大垣市で歯医者をお探しなら「デンタルクリニックカノウ」へ

お問い合わせ・ご予約はこちら

  • 0584931205

    EPARK

  • 9:30~12:30/15:30~19:00
    ※土曜は9:00~14:00
    休診日:木曜日・日祝日

小児歯科

小児歯科治療の重要性

歯が生え始めてから15歳くらいまでの子どものむし歯を治療したり、むし歯を予防したりする小児歯科。子どもの歯は大人の歯に比べてむし歯になりやすいため、より一層の丁寧な治療とケアが必要です。むし歯になりにくい口腔環境を作るため、早い時期からむし歯対策を始めましょう。子どものころにオーラルケアの習慣を身に着けることは、将来のむし歯や歯周病といった病気を未然に防ぐことにもつながります。

当院の治療法

フッ素塗布

フッ素は再石灰化を促進し、むし歯に強い歯質をつくる性質を持っています。
乳歯や軟らかい生えたての歯は酸に弱いため、高濃度のフッ素を直接歯に塗ることで、お子さまの歯を虫歯に強いものにします。

シーラント

シーラントはむし歯が出来やすい奥歯の溝にシールをして、むし歯を予防する治療です。歯を削る必要がないため、痛みはありませんが、日常生活の中でシールが剥がれてしまう場合もありますので、定期的に検診をして、メンテナンスを行います。

こんなお悩みをお持ちの方はご相談ください

  • 子どもにむし歯ができてしまった
  • 学校の検診だけで大丈夫か不安…
  • 子どもが歯みがきをサボりがちで困っている
  • 自分がむし歯になりやすいので子どももむし歯になりやすいのではないか心配

ページトップへ戻る